お料理について

2016/07/11

本日は朝からお弁当の注文に始まり、同窓会、仏事、いつもの常連さん、お持ち帰り弁当と沢山のご来店、ご注文を頂きありがとうございます。

おかげさまで忙しくさせて頂き、「あっ」という間に一日が過ぎていきました。

 

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭の5代目店主の脇田剛司です。

以前に昆布にも種類が沢山あって味が違うという事をお伝えしました。

 

今回はどうやって昆布出汁をとればよいかをお伝えします。

 

昆布には含まれている旨み成分にグルタミン酸というのがあります。このグルタミン酸は水に溶ける性質があります。その為、昆布を水につけておくだけで昆布のうまみ成分が水に溶けだします。このままでも美味しいのですがこれを火にかけて下さい。

 

沸騰直前の80度位になったら取り出して完成です。

 

よく沸騰した鍋でぐつぐつする方が見えますが煮過ぎると粘りがでてしまい昆布の風味がなくなるだけでなく生臭そさも出てしまいます。

 

この昆布出汁に鰹節を加えて出汁をとると非常に美味しい出汁ができます。

より詳しく出汁の取り方を知りたい方は7月後半から始まる「まちゼミ」にご参加下さい。

まちゼミ

 

 

 

 

過去のまちゼミの案内です。

2016年は7月28日~8月30日です。



出汁の取り方だけでなく実際に取った出汁を使ったお吸い物、素麺汁の試食もしていただけます。

2016/07/11

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

本日ご来店頂いたお客さんにネギアレルギーの方と青魚のアレルギーの方が見えました。もちろん事前に伺っていたのでネギを入れないようにしたり、代わりの食材を使ったりして対応させて頂きました。

 

私は子供の頃、極度の野菜嫌いでした。そのためかどうかわかりませんが喘息やアトピーといった病気を持っていました。

そして1年に1度くらいの割合でアレルギーのテストを受けいた事を覚えています。

私が持っていたアレルギーはスギやヒノキ、ハウスダストなどで食べ物のアレルギーは特にありませんでしたがアレルギー反応によるかゆみ、じんましんは経験したことがあります。

ひどい時には命にかかわる可能性もあるアレルギーもあるそうですので当店にご来店のお客さんで食物のアレルギーがある方は遠慮なくおっしゃって下さい。

ベストの方法で対応させていただきます。

 

2016/07/09

久しぶりの雨がこんな大雨で買い物に行ったらびしょ濡れになりました。

こんにちは、3世代が集う店、快楽亭5代目店主の脇田 剛司です。

 

毎朝仕事場に来て最初にする事はお米を研ぐことと出汁を引くことです。

 

この二つは日本料理において基本中の基本ともいえることで私も十数年前に吉兆で修行に行って最初に教えてもらったことです。

 

その中でも今回お伝えしたいことは昆布出汁のとり方です。

 

実は昆布と言っても沢山種類があるのをご存知ですか?

 

数年前からまちゼミで出汁の取り方講座を行っていますが、その時に昆布の種類を紹介をすると毎回そんなに沢山あったのかと驚かれます。

有名な昆布の種類だけでも「羅臼昆布」、「利尻昆布」、「真昆布」、「日高昆布」

と4種類もあります。特にどれが良いとかはありませんが左から順番に値段が高いです。ただ値段が高いから良いだしがとれるわけではありません。
人それぞれ味に好みがあるので好みによって使い分けて下さい。

さらに同じ昆布でも上から下まで厚みや太さが違うので旨みの出方にも違いが出ます。

 

当店では利尻昆布を使っています。

なぜ利尻昆布を選んだかというと最初は深く考えていませんでした。ただ、一番の理由は修行していた吉兆で使っていたからです。しかし吉兆で使うという事はお値段もそれなりにします。そこで一時期日高昆布を使っていた事がありましたがどうも味の好みが合いませんでした。その為、現在は利尻昆布を使っています。

 

DSC_0599_1

 

 

 

 

大きいものは1メートル以上です。
右下のマッチ箱と比べて下さい。

 

つづく

 

 

 

2016/07/08

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭の脇田剛司です。

先日、88歳のお祝いである米寿のお祝いでご来店頂きました。

 

まるで70代かと思えるほどのお元気で階段もすたすたと上がられていました。

 

長寿のお祝いではちゃんちゃんこを着る習わしがあります。

有名なのは還暦(60歳)のお祝いの赤いちゃんちゃんこです。

米寿の時は黄色のちゃんちゃんこを着る習わしがあります。

 

当店ではちゃんちゃんこの無料貸し出しと記念撮影のサービスをしています。

 

ご予約の際にお問い合わせください。

 

 

_20160708_005810

 

 

 

 

40年後の為に来てみました!

 

 

 

2016/07/06

 

 

先日ご来店頂いたお客様になんと104歳のおばあちゃんが見えました。

先週末の事です。若女将がいつものように接客をしているとお食事をされているお客さんから「このおばあさん、何歳に見える?」と尋ねられました。

そのおばあさんはお店に入って来られた時に杖をついてはいたけどもしゃべる声もしっかりして、食事もしっかり食べられていたので「80歳位ですか?」と答えたところ正確な年齢を聞いてびっくりしました。

 

なんと104歳でした。正直普通の80歳より元気ではないかと思うくらいお元気で、

お帰りの際に「いつもありがとう」と言われました。

「いつもとは」、いつからのことだろうと思いながら大女将にそのことを話すと私の祖母の頃からのお付き合いでした。

 

それだけ当店も長く続けさせてもらっているのだなぁと改めて思ったとともにこれからも続けていけるようにがんばろうと思いました。

 

松阪城藤

 

 

 

 

快楽亭は創業明治3年、今年で146年目を迎えます。

開業当初は魚屋さんから始まり、明治の中ごろ松阪城跡の藤棚のあたりにお店を出しました。その頃明治憲法が発布されたのを記念して植えた藤が現在の松阪城跡の藤棚です。

2016/07/05

子供達が毎日プールで遊んでいるのを見るとうらやましいくらい暑いですね。

お父さんもプールに入りたいです。

 

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

先月の19日は父の日でした。子供たちが保育園で「ありがとう」と書いたペン立てを

もって帰ってきました。てっきり私に渡してくれるものだと思っていましたが、

子供たちは「おかあさん、いつもありがとう」といって若女将に渡していました。

 

そんな寂しいお父さんが他にもいるのではないでしょうか?

 

 

そこで快楽亭では父の日にお弁当を販売しました。

DSC_0108

 

 

 

 

さらにお弁当を購入された方全員にオリジナルコースターをプレゼントしました。

 

DSC_0530

 

 

 

 

このコースターは絵手紙の先生に一つ一つ手書きで書いてもらいました。

その為世界に一つだけの完全オリジナルです。

お父さんがビールのグラスを置いてしまうのがもったいない気がしますので、

このコースターを眺めながらビールを飲んで下さい。きっと癒されると思います。

 

こんな素敵なコースターですが実は5個だけ残っています。

そこでお食事された方、先着5名様にプレゼントします。

 

ご来店の際に「ブログを見た」といって下さい。

 

お待ちしております。

 

 

 

2016/07/04

子育てしていると子供が食べるものは気になります。

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

家族で当店を利用される時にお子様のお弁当もよく注文を頂きます。

当店ではハンバーグやエビフライ、から揚げなども冷凍食品を使わずに一つ一つ手作りしています。

 

DSC_0603

 

DSC_0606

 

 

 

 

 

自分自身親、として冷凍食品や添加物の多い食品を子供に食べさせるのは気が引けます。当たり前ですが自分の子供にも食べさせられるものをお出ししています。

DSC_0609

 

 

 

 

2016/07/04

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

 

誠に勝手ながら7月14日(木)は、店舗の営業は休ませていただきます

 

尚、午後2時までのお弁当の配達、持ち帰り承りますのでご利用ください。

 

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます

2016/07/03

すっかり暑くなってきました。調理場も日に日に温度が上昇して食材の取り扱いに気を使っています。

こんにちは、3世代が集う店、快楽亭の5代目店主の脇田剛司です。

 

お客さんからのリクエストで天然鮎のご飯をお出ししました。

一尾づつ丁寧に吊り上げられた鮎は見た目も綺麗です。

DSC_0633

 

 

塩焼きでも十分美味しいですが塩焼きした鮎をお米と昆布、醤油を入れて一緒に焚くことにより鮎の旨みがご飯一粒一粒までしみこんで行きます。その為、「天然鮎のご飯」は鮎の旨みを十分に味わえるおすすめの一品です。

 

DSC_0645

2016/06/29

子供が息子二人なので女の赤ちゃんを見ると若女将も私も「かわいいなぁ」、「女の子はいいなぁ」と言いながら赤ちゃんを見ています。

 

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

先週末にお食い初めのお客さんがご来店されました。

お食い初め男の子と女の子の割合は7:3位で男の子の方がが多いのですが今回は女の赤ちゃんでした。今回ご来店のご家族は、実は上の男の子に続き下の女の子もお食い初めでご来店頂きました。

毎度ご利用頂き有り難うございます。

DSC_8682

 

男の子も女の子もご利用いただけるお食い初めですが実はお食い初めの器にも男女の違いがあるのをご存知ですか?

ご存知ですか?お食い初めの器に男の子用と女の子用があること

お食い初めは、子供が、「一生、食べ物に困らないように」や「健やかな成長」を願う日本の伝統的な儀式です。実はそのお食い初めに使用する器は、赤ちゃんが男の子か女の子かで正式な器の色が違ってくるのです。男の子は赤色、女の子は外側が黒で内側が赤色の器が正式な色です。なぜ違いがあるかというと、このお食い初めの儀式が、平安時代から伝わることに関わりがあります。平安時代、男の子は家督を継ぐために大切にされました。その事から黒色より位が高い赤色の器が男の子に使用されたようです。現在では男女の差はなく赤ちゃんは平等に大切にされていますが器の色だけが伝統として今も残っているようです。

20130921_110234

 

 

1 2 3 4 5
  • 家族のお祝いに
  • 大切なお客様に
  • 松阪牛のお料理

ページトップへ戻る

日本料理・松阪牛

  • ランチ11:30~14:00(LO)
  •  /
  • ディナー17:00~20:00(LO)
  •  /
  • 水曜定休日
  • 〒515-0083 三重県松阪市中町1849-2
  • TEL0598-21-0222