【お食い初めのお祝いにご来店頂きました】

【お食い初めのお祝いでご来店頂きました】

こんにちは、
松阪地区、お食い初め利用数№1
親子3世代で祝う店、
快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

【可愛い姉弟】

お姉ちゃんが、弟君を可愛がる様子が
可愛かったです。
仲良しな姉弟になりそうですね。

とてもおいしかったです

【お食い初めの歴史】

お食い初めの歴史は古く、
平安時代(西暦794年~1185年)
から続く伝統的風習であり、
平安時代が始まりと言われています。

その当時は赤ちゃんが生まれてから
50日目に重湯(流動食の一種)の中に
五十の餅(いかのもちい)と呼ばれたお餅を入れて、

それを箸を使って子供の口に少しだけ含ませる、
という五十日のお祝いが行われていました。

その後、その日数が五十日から百日となり、
お餅から魚肉へと変わっていったとされています。

貴族の儀礼のひとつとして
「真魚初め(まなはじめ)」とも呼ばれ、

鎌倉時代にはお子様に生後初めて
魚や肉を食べさせる儀式として定着して、

江戸時代には、
お膳にのせて供する食物・料理をそろえて
子供に食べさせる真似をする、
現在のお食い初めの形が確立されていきました。

【お子様の健やかなご成長とご多幸をお祈りいたします】

子育ては大変な事も多いですが、
その時にしか感じられない
喜びも多いです。

健やかなご成長とご多幸をお祈りいたします。

ご来店ありがとうございました。

ご家族のご健康とご多幸をお祈りいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1階のレストランでは和食や
松阪牛のランチをお出ししています。
松阪牛石焼、 松阪牛すき焼き、
が人気です。

2階のお座敷では、ご家族のお祝事や記念日にご利用下さい。

お子様のお祝事、
お食い初め、初誕生祝い、
初節句、七五三 夫婦鮑

長寿のお祝い 
還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(70歳) 
傘寿(80歳)、米寿(88歳)、卒寿(90歳) 
白寿(99歳)、百寿(100歳)

三重県松阪市中町1849-2
Mail info@kairakutei.co.jp

定休日  水曜

営業時間
11:30~14:00(LO)
17:00~22:00(LO)
1階レストランは20:00ラストオーダーです。

2階お座敷営業時間
2階のお座敷はお客様に合わせてご予約を承っています。

ご都合の良い時間でご予約下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。