天然鮎のご飯

すっかり暑くなってきました。調理場も日に日に温度が上昇して食材の取り扱いに気を使っています。

こんにちは、3世代が集う店、快楽亭の5代目店主の脇田剛司です。

お客さんからのリクエストで天然鮎のご飯をお出ししました。

一尾づつ丁寧に吊り上げられた鮎は見た目も綺麗です。

塩焼きでも十分美味しいですが塩焼きした鮎をお米と昆布、醤油を入れて一緒に焚くことにより鮎の旨みがご飯一粒一粒までしみこんで行きます。その為、「天然鮎のご飯」は鮎の旨みを十分に味わえるおすすめの一品です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。