お料理について

2016/04/14

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

毎週水曜日は定休日を頂いていますが、本日は、明日のお昼に「ローストビーフ重」の

 

予約を頂いていますのでローストビーフの仕込みをしました。

 

ローストビーフと言うと安いお肉を美味しく食べるための方法と思われる方もいると思います

 

当店特製のローストビーフはステーキや焼き肉にも使えるほどの良い肉質のお肉を使用しています。

 

表面をカリッと焼き上げた後低温度でお肉のサイズに合わせて2~3時間かけてゆっくり

ローストしていきます。この時にお肉の中でうまみ成分が増加するので出来上がったロースト

 

ビーフはとても柔らかくて美味しいです。

 

そんなローストビーフをたっぷり乗せて温野菜と合わせたのがローストビーフ重です。

 

DSC_1804

2016/04/13

お食い初めなどの御祝いのお席でご来店のお客様によく鯛の姿焼きのご注文を頂きます。

 

以前は昔からの習慣で持ち帰られる方が多かったです。もちろんその場で召し上がる方

いらっしゃいましたが姿焼きという事で骨が多く食べにくそうにされている方が多かったです。

そこで当店では鯛の姿焼が食べやすいように身と頭を別々に焼き上げています。


別々に焼き上げる事で食べやすくなります、さらに身の方はお客様のご来店直前に焼き上げる事で美味しく召し上がっていただけるようになりました。

 

お祝いのお席の時は是非召し上がって見て下さい。DSC_1891

2016/04/12

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

桜もすっかり散ってしまいましたが新しい葉っぱが出始めました。

 

本日は今シーズン最後のお花見弁当のご注文を頂きました。

 

筍ご飯に桜餅と春のお料理を詰めたお弁当です。

IMG_20160408_152639

桜餅は吉兆での修行時代一番最初に学んだお菓子で思い出すのは修行が始まったばかりの大変な日々です。

 

しかしそこで学んだお陰で今こうしてお客さんに喜んでもらえる料理が作る事が出来ます。

 

お花見弁当を受け取りに来られたお客さんに

 

「どこかお花見に行かれるのですか?」と尋ねました。

 

すると「家で食べます」と言われました。

 

自宅で食べてもお花見気分が味わえるお弁当です。

 

来年の桜の頃に如何でしょうか?

IMG_20160408_005040

 

2016/04/10

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

2週間ほど前にお弁当のご注文の電話を頂きました。

「朝の9:45分頃にお弁当を頼みたいのですが」

 

私はそれを聞いて「朝ごはんですか?」と聞きそうになりました。

 

話を聞いてみると10:05の電車に乗るのでそれに合わせてお弁当を作ってほしいという事でした。

 

というわけで無事に電車の時間に間に合うようにお弁当をお渡しする事が出来ました。

 

その後、本日は日曜日という事もあり沢山の観光のお客様にご来店頂きました。

その中でカナダ出身の外人さん、背が高くてびっくりしました。200㎝位あるのではないでしょうか!

本日、お待たせしたお客様申し訳ございませんでした。

2016/04/10

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

本日は早朝よりスタッフ総出でお弁当を作りました。

3件のご注文を頂いていましたのでその数合計100個、一度にこんなにたくさんのご注文を頂く事は年に数回しかありません。そのためスタッフのみんなも早朝出勤してもらい出し巻き卵を巻いたり、焼き魚を焼いたり、天ぷらを揚げたりと大忙しでした。
さらに1件のご注文は昼食をとる時間がいつになるか分からないので生もの(刺身)を抜いてほしいというリクエストがありましたので生ものの代わりにホタテの酢の物を入れさせて頂きました。

なんとか無事時間通りに全てお届けする事が出来ました。
ご注文頂いた皆様ありがとうございます。

快楽亭ではそれぞれのご注文に合わせて料理の内容、時間、価格などご相談に乗らせていただきます。お気軽にご連絡下さい。

 

2016/03/19

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

先日お寿司のバースデイケーキを作りました。

当店はケーキ屋さんでもお寿司屋でもありませんがお祝いの席で何か皆さんで喜んでもらえるものはないかと考えている中でこの「バースデイすしケーキ」閃きました。

家族で取り分けて召し上がってもらう事でより一層家族の絆が深まるのではないでしょうか。

お誕生日にいかかですか?(仕込みに時間がかかる為3日前までにご予約をお願いします)

 

DSC_1868

 

 

 

2016/03/14

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

本日はお茶会のお料理のお手伝いをさせて頂きました。

焼き物(鰆の西京焼き)、八寸(アスパラと白魚おかき揚げ)、向付(天然鯛の昆布締め)、和え物(蕗と独活の白和え)、焚き合せ(竹の子、若布、煮穴子)

盛り付けはお客様でして頂くそうなのでお料理だけをまとめてお届けしました。

最近お茶の事のご注文をよく頂きます。

 

DSC_1851-001

2016/03/13

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

本日は顔合わせでご両家にご来店いただきました。

初めてご両家が顔を合わせる場ということでご来店後すぐは緊張して食事を召し上がるスピードもゆっくりでしたが最後はお酒も召し上がって頂き鰻の白焼きを追加でご注文いただくほど会話も盛り上がっていました。きっと素敵なご夫婦になられると思います。

 

DSC_1834-001

 

写真は蛤のお椀です。蛤の殻にすり身と蛤の身を詰めて蒸しました。
蛤の出汁が美味しいお吸物です。

2016/03/13

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

本日はお茶会の松花堂のご注文を頂きました。お祝い事のお茶会という事でしたのでお赤飯や鯛、海老などおめでたい食材を詰めました。DSC_1836

松花堂4つに仕切られたお弁当で私が修行をしていた吉兆の創業者、湯木貞一が発明しました。修行中はよく松花堂を作っていました。松阪でも茶道が盛んに行われている地域と言う事もあり時々松花堂の注文を頂きます。

 

2016/03/11

こんには、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

本日は「鰻づくし懐石」のご注文を頂きました。

この懐石コースは鰻を色々な料理で楽しんで頂きたいという思いから出来た鰻を使った懐石です。

鰻の蒲鉾、鰻の手まり寿司、うなぎ入り茶碗蒸し、うざくなど沢山の種類の料理をお出ししています。

中でも特におすすめするのが白焼きです。これは鰻を焼いただけのシンプルな料理ですが、だからこそうなぎの旨みをダイレクトに感じる事がます。うなぎは捌いた瞬間から脂が流れてしまい鮮度が落ちていきます。そのため当店では焼く直前に鰻を捌いて串を打って強火で一気に焼き上げます。

DSC_1823

表面は皮や身はパリっと焼き、噛んだ瞬間にサクッとした触感とともに脂が流れ出るそんな白焼きを出しています。

一度ご賞味ください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8
  • 家族のお祝いに
  • 大切なお客様に
  • 松阪牛のお料理

ページトップへ戻る

日本料理・松阪牛

  • ランチ11:30~14:00(LO)
  •  /
  • ディナー17:00~20:00(LO)
  •  /
  • 水曜定休日
  • 〒515-0083 三重県松阪市中町1849-2
  • TEL0598-21-0222