お知らせ

2016/09/15

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭の5代目店主の脇田剛司です。

 

先日の日曜日にお食い初め膳と幕の内の配達のご注文をいただきました。

 

配達先はなんと私の中学校の同級生‼

 

先月うちの店で同窓会があり、その時に、子供が生まれた事を聞いていました。

 

「またお食い初めたのむわ」と言ってくれていましたが、本当に注文頂きました。

 

ありがとうございます。

%e5%90%8c%e7%b4%9a%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%a3%9f%e3%81%84%e5%88%9d%e3%82%81

 

 

 

 

しかし中学校の頃から考えるとすごく不思議な感じがします。

 

まさか自分自身が家業を継いでいるとも思っていないし、その同級生が結婚して子供ができてうちのお店でお食い初めを注文してくれるとは想像もしていませんでした。

 

 

でもこれもご縁なのかなと若い頃には思わなかった事を思ったりもします。

 

 

私もまだまだ子供が小さいので一緒に子育て頑張っていきましょう!

 

 

2016/09/12

朝晩はすっかり涼しくなってきましたが、まだまだ日中になると暑くて調理場の中でもタオルが手放せません。

 

とは言っても季節は確実に秋になり、八百屋さんに行くと松茸、銀杏、柿など秋の味覚が並んでいます。美味しい食材が並ぶと色々な料理が浮かんできて献立作りに苦労します。

 

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e5%91%b3%e8%a6%9a

 

 

 

 

 

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

 

先週末の事です。喜寿でお祝いのご家族がご来店頂きました。以前にもご来店いただいたご家族で以前はお爺ちゃんの米寿(88歳)のお祝いでした。

 

今回はお婆ちゃんのお祝いでした。

当店では長寿のお祝いにはそれぞれ赤、紫、黄色、白のちゃんちゃんこを着ての記念撮影の無料サービスをしております。

 

そこでおばあちゃんにも紫のちゃんちゃんこを着てもらって記念撮影をしようとするとなかなか着てもらえませんでした。どうしたのだろうと家族の会話を聞いてみると「こんなん着るとおばあちゃんみたいで嫌だ」とおっしゃっていました。

 


今までも「恥ずかしいから」、「年寄臭いから」などと着るのを嫌がる方は見えましたが

 

その都度「今後の記念になりますから、是非来てください」と言いて着てもらっていました。

 

 

今回もそう言って着てもらい写真を撮りました。

 

 

%e9%82%84%e6%9a%a6%e7%a5%9d%e3%81%84

 

 

 

 


上の写真は以前ご来店いただいたご家族のです。

 

家族の方も喜んで見えたのでいい写真が撮れたと思っていました。

 

しかし実際に写真をプリントして見てみると、申訳ない気持ちになってきました。

 

 

それはちゃんちゃんこを着たおばあちゃんが全然笑っていなかったのです。

 

ちゃんちゃんこを着てもらった方が絶対に良い思い出になると思って着て下さいとおすす

 

めしていましたが、実は嫌な気持ちのまま着てもお祝いされるご本人は嬉しくないし、良い

 

思い出になっていないのかもしれないと反省しました。女性はいくつになっても若くいたいのですね。女性の気持ちを分かっていませんでした。

 

 

 

今後は無理に着てもらうことはせずに笑顔で写真を撮ってもらえるようにしたいとおもいます。

 

嬉しいことにお帰りの際に書いてもらったアンケートには嬉しいお言葉がありました。

office-lens-20160912-185503

2016/07/22

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭の5代目店主脇田剛司です。

 

先週はお食い初めのお客様が2組ありました。

 

1件目はお持ち帰り用でした。

赤ちゃんは外出するとなるといろいろ大変です。

そんな時はご自宅でもお食い初めをしてもらえるように持帰り用もございます。

歯が丈夫になるようにと歯固めの石も入っています。

 

お食い初め持帰り膳

 

 

 

 

2件目は以前にもご利用いただいたご家族で以前はお兄さん夫婦でしたが今回は妹さん夫婦のお子様のお食い初めでご来店いただきました。

 

お食い初め膳と天然鯛の姿焼きもお出ししました。

 

天然鯛の姿焼き

 

 

2016/07/08

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭の脇田剛司です。

先日、88歳のお祝いである米寿のお祝いでご来店頂きました。

 

まるで70代かと思えるほどのお元気で階段もすたすたと上がられていました。

 

長寿のお祝いではちゃんちゃんこを着る習わしがあります。

有名なのは還暦(60歳)のお祝いの赤いちゃんちゃんこです。

米寿の時は黄色のちゃんちゃんこを着る習わしがあります。

 

当店ではちゃんちゃんこの無料貸し出しと記念撮影のサービスをしています。

 

ご予約の際にお問い合わせください。

 

 

_20160708_005810

 

 

 

 

40年後の為に来てみました!

 

 

 

2016/06/29

子供が息子二人なので女の赤ちゃんを見ると若女将も私も「かわいいなぁ」、「女の子はいいなぁ」と言いながら赤ちゃんを見ています。

 

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

先週末にお食い初めのお客さんがご来店されました。

お食い初め男の子と女の子の割合は7:3位で男の子の方がが多いのですが今回は女の赤ちゃんでした。今回ご来店のご家族は、実は上の男の子に続き下の女の子もお食い初めでご来店頂きました。

毎度ご利用頂き有り難うございます。

DSC_8682

 

男の子も女の子もご利用いただけるお食い初めですが実はお食い初めの器にも男女の違いがあるのをご存知ですか?

ご存知ですか?お食い初めの器に男の子用と女の子用があること

お食い初めは、子供が、「一生、食べ物に困らないように」や「健やかな成長」を願う日本の伝統的な儀式です。実はそのお食い初めに使用する器は、赤ちゃんが男の子か女の子かで正式な器の色が違ってくるのです。男の子は赤色、女の子は外側が黒で内側が赤色の器が正式な色です。なぜ違いがあるかというと、このお食い初めの儀式が、平安時代から伝わることに関わりがあります。平安時代、男の子は家督を継ぐために大切にされました。その事から黒色より位が高い赤色の器が男の子に使用されたようです。現在では男女の差はなく赤ちゃんは平等に大切にされていますが器の色だけが伝統として今も残っているようです。

20130921_110234

 

 

2016/05/13

3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

お食い初めと言うとお爺ちゃん、お婆ちゃんと一緒に3世代でご来店頂く方が多いですが、時にはお父さん、お母さんと赤ちゃんの3人でご利用される方も見えます。

 

お父さん、お母さんだけですとお赤ちゃんやお子様の世話に一生懸命でお食事をゆっくり食べてもらえる事が難しいようです。

 

そんなときにおすすめなのが持ち帰りようのお食い初めのお料理です。

 

先日も小さいお子様がいてご両親だけでお食い初めをされる方からご注文を頂きました。

 

今回は使い捨ての容器に入れさせて頂きましたがお膳の貸し出しもしております。

 

ご自宅でお食い初めを考えていらっしゃる方はお問い合わせください。

 

持ち帰り用のお食い初め善

DSC_0172

2016/05/13

3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

先日、結婚お披露目会でご利用頂きました。

当店では結婚や結納でご利用頂くときには金屏風を飾ってお祝いのお手伝いをさせて頂きます。

 

その際飾っている屏風は実は大正8年に作成したもので今年で97年もたっているものなのです。

 

確かに子供のころからありましたがまさか97年もたっているとは思ってもいませんでした。

 

当店は今年で創業146年目を迎えますがその半分以上前からこの屏風があると思うと凄い事だと改めて感じました。

 

そしてここまで繋いできてくれた先祖に感謝しながら今後も繋いで行きたいと想います。

DSC_0208 

 

 

大正8年(1919年)

DSC_0248

2016/05/10

こんにちは、3世代家族が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

先週のGWの3日と5日に2組の結婚のお披露目会ご利用頂きました。

 

お披露目会は親戚や身内の方に結婚をお披露目する会です。

 

5日にご利用の新郎新婦は早朝よりご来店頂き準備されていました。

 

私達も出来る限りご要望にお応えできるように対応させて頂きました。

 

一通り食事が終わった後、サプライズで新婦のお母さんからご注文頂いたウエディングケーキをお出ししました。ケーキ入刀も行われ皆さん大変喜んで頂きました。

 

一生に一度の大切な日に当店をご利用いただきましてありがとうございました。

 

DSC_0220DSC_0224

 

 

 

2016/05/09

3世代が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

 

GWの最終日は戌の日のお祝いでご来店頂きました。

 

戌の日のお祝いとは妊娠5ヶ月目の戌の日に行う安産祈願をする、日本独自の行事です。この時期に鮑を食べると目の綺麗な子が生まれるといわれています。

 

そこで本日も鮑のお刺身とステーキをご用意させて頂きました。

 

お客様から「ステーキが美味しかったです。」とうれしい言葉も頂きました。

 

以前、相差の海女さんから鮑はステーキで食べるのが一番美味しいと教えてもらった事を思い出しました。

 

そしてその時にもう一つ教えてもらった事が鮑の殻の事です。

鮑のの殻に穴があいているのですが、普通は4つの穴が開いていますが、稀に3つや5つと奇数の数の穴があいている事があるそうです。

奇数の数の穴があいている殻は縁起物として殻に赤飯を入れて神棚にお供えするそうです。

 

偶然にも本日の鮑の殻は5つ穴でした。きっと素敵な赤ちゃんが生まれるでしょうね。

 

 

DSC_0238

 

DSC_0237

2016/04/18

こんにちは、3世代親子が集う店、快楽亭5代目店主の脇田剛司です。

私がまだ小学生になる前の事です。その頃は当店では結婚式の料理を神社に配達していました。

 

今のように結婚式場というものはあまりなく神社で食事をするのが多かったようです。

そのため毎週のように神社に料理を配達していました。忙しそうにしている両親を見ながら楽しみが一つありました。

それは余ったお赤飯のおにぎりを食べる事です。
 

 

兄弟全員がお赤飯が大好きの為取り合いして食べていたのを思い出します。

 

そんなことからお祝いにはお赤飯が付きものという思いが強いです。

 

現在では結婚式の料理をする事が少なくなりましたが結婚前の顔合わせ、結納や結婚後のお食い初め、いつつき祝い、厄祝いなどお祝い事のご利用が多いです。

そこで当店ではお祝いのお席にはお赤飯の無料サービスを行っています。

お赤飯のサービスご希望の方はご予約の際にお伝え下さい。お赤飯を用意してお待ちしております。

 

DSC_1813

 

 

 

 

 

1 2
  • 家族のお祝いに
  • 大切なお客様に
  • 松阪牛のお料理

ページトップへ戻る

日本料理・松阪牛

  • ランチ11:30~14:00(LO)
  •  /
  • ディナー17:00~20:00(LO)
  •  /
  • 水曜定休日
  • 〒515-0083 三重県松阪市中町1849-2
  • TEL0598-21-0222